読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識低い系女子大生ですが何か?

大手志向だった私がITベンチャー企業を目指した話。

理系なの?と言われる件について

初めにお伝えしておきます。ありとあらゆる現代の美容技術を駆使してわたしが出来上がります。マツエク、ネイル、美容室、時にアロママッサージ。すべて自己満です。

 

就職してから破産するんじゃないかって?その通りです。春からは生きていくためにどれかを切り捨てなければいけません。なにせ就職先は服装から髪色、ネイルまですべて自由なのです。苦渋の選択。

 

こういう時、金融系に就職しておけば良かったと思ったり思わなかったり。

 

ついこの前も髪色を変えるために(ハイライトを入れてイメチェンしましたお気に入りです)美容室に行きました。

 

美容系のお店に訪れると施術中必ずと言っていいほどこんな会話になります。

「大学生ですか?」

「はい、もうすぐ卒業なんですけどね」

「あ!就職だね!もう決まってる?どんなところ??」

「そうなんですよ〜。IT系です」

「IT?!え!なんか頭良さそう!パソコンカタカタする系かあ。じゃあ理系なの?すごいな〜」

 

ここまで会話をしてわたしは毎回こう思います。『どんなイメージだよwww勘弁してください、私ふつーの文系女子です』と。もしかしたらラブシャッフル玉木宏もしくはあのオフィスみたいなイメージなのかもしれません。もちろん!玉木宏みたいな技術職の仕事もあるけれど。

 

わたしはばりばりの文系で、お恥ずかしい話ですが数学なんて数ⅠAまでしか学んでいません。エンジニアさんは理系の方が多いけど、総合職の方は文系が多め。就職先も総合職は文系の方がほとんどです。みなさん、とても優秀ですが。

 

 

一応わたしのスペックを書いておくと、大学はそこそこの偏差値で共学・サークルは学生団体(イベントを企画したりする系)・バイトは居酒屋やカフェで2年くらい、、、ともしかしたら並以下かもしれないごく普通の女子大生です。

 

 普通の女子大生だからこそ、就職活動前までは『大手企業の一般職に内定して、職場恋愛して素敵な旦那さん見つけて一刻も早く結婚する!そして専業主婦!』なんて周りに流されながら考えていました。

 

専業主婦…考えが甘すぎて当時の自分を殴りたくなります。

 

 

でも当時はそんな女性が所謂勝ち組だと勘違いしていたし、そんな先輩方が眩しいくらいキラキラして見えていました。

 

 

しかし!!!そんな考え方を劇的に変える出来事が訪れます。それは、なんとなーく参加したインターンでした。