読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識低い系女子大生ですが何か?

大手志向だった私がITベンチャー企業を目指した話。

キラキラ系女子に騙されるな 1

そういえばいくら普通の女子大生とはいえ少しだけ変わった生活もしてました。私の学生生活の経験をまとめてみます。

 

①夜遊び

これはみんなが通る道かと思いますが。1、2年生の頃は夜遊びがすごかった…。クラブ以外にも飲み会、合コンと本業の学生を忘れてほぼ昼夜逆転の生活でした。

 

ハロウィンやクリスマスなんてイベントの日には女子力に命かけてました。といってもクラブでは隅っこの方で大人しーくしている部類の人間です。パリピじゃありません。もうクラブには久しく行ってないです。

 

 

完全に一人暮らしをしたのは初めてだったので、開放感から羽を伸ばしすぎていました。反省。

 

でもこの経験、後に人脈を広げるのにかなり役に立ちました。

 

このことについてはネタがわんさかあるので、また別記事として書きたいと思います。

 

 

②某メガベンチャー企業でのアルバイ

詳しい内容は言えませんが、あの有名企業でアルバイト経験もあります。といってもたくさんご迷惑をおかけしていたので、ここにこうして書くことさえ気が引けます(笑)

 

このアルバイトを始めた時点ではまだわたしは超大手志向、安定志向でした。メガバン!!メガバン!!メーカー!商社!ぱんしょく!みたいな。

 

でも時給は◎、関わる方もいい人たちで貴重な体験になりました。

 

そして私はこのバイトで悟ります。『私にプログラミング(技術職)は合わない』と。

 

この会社さんは17卒向け新卒説明会にも足を運び、さらにさらに学生団体繋がりで別案件で関わる機会もありました。

 

ここで大勢のITベンチャー企業特有のキラキラ系女子を目にするのですが、見かける度眩しすぎました。そして彼女たちに思いました。

 

『かっこよすぎる!』

 

偏見ですが、大手企業の一般職の綺麗な方よりも生き生きしていて、本当に内から溢れ出る強さと綺麗さがそこにはありました。

 

そして気付きました。わたしの目指すところは彼女たちのキラキラさである、と。もともと目指していた大手企業一般職のキラキラさは私には合ってない、と。

 

母もばりばり仕事をする人間なので、それに影響されたのかもしれません。

 

 

③スタートアップ企業でのアルバイト(約2日間)

 

意識高い系?と突っ込まれそうですが、全く違います。とにかく私は飛び込むことが好きで、メガベンチャー企業を経験したから今度はスタートアップ企業かな!と気軽な気持ちで面接に行きました。何か学べたらいいなーくらいの感覚で。

 

面接には無事合格、働くことになりました。しかし、実際出勤してみると疑問だらけの業務に2日でやめました。

 

(あとで知り合いにもこういう人がいることを知ったので私だけが感じたものではないはず)

 

これは忍耐とかそういう問題ではなかったんです。

 

相手は利益を上げなければいけない会社。そこに飛び込む私たちは何の能力も持ち合わせていない、所詮学生です。

 

いろいろな部署があるのですが、基本任される仕事はテレアポ。一日6時間くらいひたすら電話をかけます。それも完全歩合制。アポが取れなければ給料は0なわけです。

 

カンペを手元に用意し、アポを取って行きます。BtoBなので会社のお偉いさんに電話をかけまくります。アポが取れれば直接お会いして商品の詳しい説明。販売、とこれが一連の流れです。

 

もちろん、結構額を稼いでいた学生もいました。

 

でもさすがに効率が悪すぎる!!ここに時間を使うなら普通に派遣のテレアポのアルバイトでもして、時給をきちんといただく形で働きたい!!!対価がない!!!

 

 

確かに、スタートアップ企業ということで社員さんや社長との距離が近く、会社員を疑似体験できるわけです。学ぶこともたくさんあることは間違いありません。

 

あのまま続けていれば今頃スーパー営業womanになって、稼ぎまくっていたかもしれません。

 

でも、テレアポなら別に確実にお金がもらえる派遣でした方が効率が良いと考えてしまった私には向いていませんでした。だって貴重な貴重な学生生活の6時間です。

 

 

あとは次の記事に。

理系なの?と言われる件について

初めにお伝えしておきます。ありとあらゆる現代の美容技術を駆使してわたしが出来上がります。マツエク、ネイル、美容室、時にアロママッサージ。すべて自己満です。

 

就職してから破産するんじゃないかって?その通りです。春からは生きていくためにどれかを切り捨てなければいけません。なにせ就職先は服装から髪色、ネイルまですべて自由なのです。苦渋の選択。

 

こういう時、金融系に就職しておけば良かったと思ったり思わなかったり。

 

ついこの前も髪色を変えるために(ハイライトを入れてイメチェンしましたお気に入りです)美容室に行きました。

 

美容系のお店に訪れると施術中必ずと言っていいほどこんな会話になります。

「大学生ですか?」

「はい、もうすぐ卒業なんですけどね」

「あ!就職だね!もう決まってる?どんなところ??」

「そうなんですよ〜。IT系です」

「IT?!え!なんか頭良さそう!パソコンカタカタする系かあ。じゃあ理系なの?すごいな〜」

 

ここまで会話をしてわたしは毎回こう思います。『どんなイメージだよwww勘弁してください、私ふつーの文系女子です』と。もしかしたらラブシャッフル玉木宏もしくはあのオフィスみたいなイメージなのかもしれません。もちろん!玉木宏みたいな技術職の仕事もあるけれど。

 

わたしはばりばりの文系で、お恥ずかしい話ですが数学なんて数ⅠAまでしか学んでいません。エンジニアさんは理系の方が多いけど、総合職の方は文系が多め。就職先も総合職は文系の方がほとんどです。みなさん、とても優秀ですが。

 

 

一応わたしのスペックを書いておくと、大学はそこそこの偏差値で共学・サークルは学生団体(イベントを企画したりする系)・バイトは居酒屋やカフェで2年くらい、、、ともしかしたら並以下かもしれないごく普通の女子大生です。

 

 普通の女子大生だからこそ、就職活動前までは『大手企業の一般職に内定して、職場恋愛して素敵な旦那さん見つけて一刻も早く結婚する!そして専業主婦!』なんて周りに流されながら考えていました。

 

専業主婦…考えが甘すぎて当時の自分を殴りたくなります。

 

 

でも当時はそんな女性が所謂勝ち組だと勘違いしていたし、そんな先輩方が眩しいくらいキラキラして見えていました。

 

 

しかし!!!そんな考え方を劇的に変える出来事が訪れます。それは、なんとなーく参加したインターンでした。

 

なんとなくブログ書いてみます

はじめまして。

このブログを書くにあたって怖すぎるのが身バレ。

でも就活のあんなことやこんなことを絶対後輩とシェアしたい!!という意思に負け、はじめました。


ブログを書くのは、なんといっても高校生ぶり。

そうそう。あの時はアメブロがとても流行っていて、ちょうど長期留学をしていたわたしは留学ブログを書いていました。黒歴史…。


でも結構人気ブログで、ランキングを上げるのに命をかけてました。デジカメで大量に写真を撮っていたのが懐かしいです。


そんなわたしも、現役女子大生というブランドがあと数ヶ月もすればなくなってしまう大学四年生になりました。


四月から就活する先は都内のITベンチャー企業

✔️二年前まで超大手志向だったわたしが最終的になぜITベンチャー企業に就職を決めたのか。

✔️女子大生目線で綴るITベンチャー企業の就活の実態。

✔️おすすめのインターン

主にこの3つを中心にゆるーーくブログを書いていけたらいいなと思っています。

文章力と人に伝える能力の向上のため、というのが本当のところですが!!